カトゥアバで興奮促進してバリフでED治療

ブラジルやアマゾン原産のハーブであるカトゥアバは催淫剤の一種です。
催淫剤は精力剤の一部ですが、性欲や興奮を高めてくれるものです。
精力増強や滋養強壮よりも、性欲を高めることを目的とした健康食品なのです。
催淫剤という名称からは医薬品を想像させますが、その多くはハーブを使用した健康食品やサプリとなっています。

当然のことながら性的興奮のない状態ではSEXをしようとは思えないでしょう。
男性が女性とSEXをしたいと思うときは、必ず性的刺激や興奮があるものです。
それに伴って自然とペニスが勃起し、準備が完全に整うわけです。

カトゥアバに対して、バリフなどのED治療薬は勃起促進薬とも言えるものです。
勃起を促すことで挿入を容易にすることを目的にしています。
カトゥアバを飲むことで脳は興奮状態になりますが、即座にペニスが反応しないことがあります。
ペニスを勃起させるためには、大量の血液が必要なのです。
興奮を強く覚えた状況においても、ペニスを力強く握って圧迫すると勃起しにくいでしょう。
これは圧力によって血行が阻害されるからです。

性的興奮を覚えてもペニスが勃起しない場合は、性欲には問題ありません。
ペニスが必要な状況で立たないEDという症状であり、この場合は催淫剤や精力剤では対処できません。
バリフなどの治療薬を服用して、ペニスに大量の血液を循環させましょう。
ED治療薬はそれぞれ有効成分に違いがありますが、勃起させるメカニズムは同じものです。
血行を一時的に促進して、下半身を元気にする仕組みです。
ED治療薬はニトログリセリンとは絶対に併用できませんが、催淫剤や精力剤との飲み合わせは基本的に問題ありませんが、クリニックでED治療を受けている方は、医師に確認しておくといいでしょう。